シーロムの街紹介|金融機関が集まるバンコクのウォール街

タイ_バンコク_シーロム _Silom_ สีลม_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

最終更新日 2022年6月10日 by タイランドピックス編集局

シーロムの概要

金融機関が本社を置くバンコクのウォール街
シーロム(英:Silom 泰:สีลม)とはタイ王国の首都バンコク最大の伝統的商業地区です。昼はビジネス街、夜は繁華街として2つの顔を合わせ持ち、MRTシーロム駅とBTSサラデーン駅とスカイウォークで連結しています。

隣接するサートーンと共に首都の金融センターとして機能しており、銀行、証券、保険会社など金融機関、監査法人、法律事務所がシーロムに本社を置き、バンコクのウォール街と呼ばれています。ここに本社ビルを置く企業には、最大手商業銀行バンコク銀行、タイ最大の財閥企業チャロンポカパン(CP)グループ、大手保険AIAタイランドなどが含まれます。

また、市内で最も活気に満ちたダイナミックなナイトライフセンターの1つであり、バンコクを訪れる観光客にとって必見のエリアです。また、アサンプション大聖堂やスリ・マハマリアマン寺院など、文化的に重要な建物が保存されています。

シーロムの語源はタイ語で”風車”を意味し、19世紀当初は農業貿易の中心地であり農地灌漑用の風車があったことに由来しています。この時代、ほとんどの都市生活は川岸で行われ、ヨーロッパの商船や使節を歓迎する賑やかな貿易地区でしたが、近代化に伴い農地は舗装され、その地域の新しいオフィスで働く何百人もの男女が住む住宅街のネットワークとなり現在に至ります。

古くからビジネス、金融、投資の中心として経済活動の中心を担ってきたシーロムですが、スクンビットエリアが開発されアソークプルンチットなどがCBDとして存在感を増してからは少し影を潜めています。しかし、近年はランドマークのマハナコンタワーの開業やデュシット・セントラル・パークの再開発など、かつてのCBDとしての復権を取り戻すかのように話題のプロジェクトが目白押しです。

 

主要エリア

BTSサラデーン駅・MRTシーロム駅

賑やかなシーロムの駅はMRTシーロム駅とBTSサラデーン駅の2つがあり、それぞれスカイウォークで連結しています。主要エリアながらシーロム駅という名前の駅はないので、BTSラインだとサラデーン駅で降ります。

バンコク_シーロム_Silom_BTSサラデーン_MRTシーロム_タイランドピックス (1)

BTS駅直結の複合施設「セントラル シーロム・コンプレックス」はシーロム通りで唯一の大型デパートで重宝します。1階はイベント会場があり常に賑わっており、上階には日本食店、チェーンレストラン、クリニックなどが入っています。

バンコク _シーロム _BTSサラデーン駅_シーロム コンプレッックス_SILOM COMPLEX_タイランドピックス

SILOM COMPLEX-Central

バンコク_シーロム _オフィス街

シーロム通り

シーロム通りはバンコク都内で最も有名なビジネスストリートの一つです。ラマ4世通りとラチャダムリ通りと交わるサラデーン交差点の東端から、南のバンラック交差点まで続いています。このシーロム通りと並行して、南には近代的な建物が密集するサトーン通りが、北には飲食店が多い雑多なスラウォン通りがあります。

バンコク_シーロム交差点_シーロム通り_ラーマ4通_タイランドピックス

サラデーン交差点

ラーマ4通り、ルンピニー公園と交差するシーロム通りの入口には、タイ初の5つ星ホテルとして1948年に開業した「デュシタニホテル」がありましたが、2020年に再開発のために取り壊されました。現在、ホテル事業のデュシタニグループとセントラルグループ傘下のセントラル・パタナが共同で大型複合施設「Dusit Central Park(ドゥーシットセントラルパーク)」を開発中です。ホテルに加えて、高級レジデンス、オフィスビル、公園が一体となった新プロジェクトが23年〜25年にかけて随時開業します。

旧デュタニホテルと2024年完成の再開発プロジェクト

シーロム通りの南側には古い高層オフィスビルが林立しています。

日系企業が多く入居するユナイテッドセンタービル大手コングロマリット財閥CPグループのCPタワー、バンコク銀行本社ビル、栄養飲料大手のカラバオグループ本社ビルなど大手企業の拠点が集中しており、オフィスワーカーが行き交います。

バンコク-シーロム-United Center-ユナイテッドセンタービル-タイランドピックス

ユナイテッドセンタービル

1981年に建設されたバンコク銀行ビルはコンクリート高層ビルにモダニズムデザインを先駆的に適用した象徴的建築物です。

バンコク-シーロム-バンコク銀行本社ビル-タイランドピックス

バンコク銀行本社ビル

グループ総売上高7兆円を誇るタイ最大の民間企業CPグループの本社もここにあります。

バンコク-シーロム-CPグループ-タイランドピックス

CPグループ本社ビル(CPタワー)

シーロム通りを更に南へ進むと、主要なヒンズー教の礼拝所であるスリマリアマン寺院という文化財もあります。1827年にタミル人移民によって設立され、その影響もあってシーロムのチャルンクルン通りとの交差点付近にインディアンコミュニティが形成されており、独自の異国情緒が漂っています。

タイ_バンコク_シーロム _Sri Mariamman Temple 

ドラヴィダ建築様式が目を引くSri Mariamman Temple

タニヤ通り

繁華街として有名なタニヤ通りは、古くから日系駐在員の夜の社交場として発展してきた経緯があります。日本語を話すタイ人スタッフが在籍するカラオケ、ラウンジなどがひしめきます。コロナの影響で新陳代謝が進み、夜のお店がつぶれ、またランドマークであるタニヤビルが近代的に改装されたおかげで、随分と都会的な街並みへ変わりました。また、ここは大手チェーンの日本食レストランや焼肉屋、寿司店、ラーメン店などが集まる有数の日本食天国でもあります。

バンコク-シーロム-タニヤ通り-日本食-タイランドピックス .jpg

大手日本食店が立ち並ぶタニヤ通り

サラデーン通り

MRTシーロム駅からシーロム通りに出て一番初めにあるサラデーン通りは、小規模のホテル、カフェ、レストランなどが多く、平日はオフィスで働くサラリーマンやOLがランチをしに訪れます。夜は屋台が出ます。

バンコク_シーロム_サラデーン通り_Sala Daeng_タイランドピックス

サラデーン通り

2020年に開業したばかりの「ザ・コモンサラデーン(The Commons Saladaeng)」はシーロムの新たな憩いの広場です。トンロー店と同じく、階段の吹き抜けデザインが開放的なコミュニティモールで、お洒落な飲食店、バー、カフェスタンドが集まっています。

バンコク _シーロム_The COMMONS_ザ・コモンズ_タイランド ピックス

The Commons Saladaeng

ラーマ4世通り

ラーマ4世通り沿いの34階建て高層オフィスタワー「アブドゥラヒム プレイス(Abdulrahim Place)」には日系大手のブリジストンや損保ジャパン、法律事務所、証券会社、コンサルティングファームなど一流外資系企業が入居しています。

バンコク _シーロム _ラーマ4世通り_Abdulrahim Place_タイランドピックス

Abdulrahim Place

すぐ隣にはHSBCタイ本社と38階建のオフィスタワー「U Chu Liang」があります。

バンコク _シーロム_HSBC銀行_U Chu Liang Building_タイランドピックス

U Chu Liang Building

 

【買】ショッピング

キングパワーマハナコン(King Power Mahanakhon)

2016年に開業の免税店大手キングパワーグループの名前を冠した78階建高層ビルです。1~4階はキングパワー免税店、23~73階は「リッツカールトン・レジデンス」に76-77階はバー&レストラン、最上階は地上314Mから見渡す360度パノラマビューが自慢の展望台とスカイウォークがある新名所です。

セントラル・シーロムコンプレックス(Central Silom Complex)

BTSサラデーン駅直結の複合型ショッピングセンターでチットロムにもあるタイデパートの老舗セントラルが入居しています。平日は近郊で働くオフィスワーカーで賑わいます。

シーロムビレッジ(Silom Village)

現在はレストラン兼ショップですが、もともとチーク材の建物群の一部でした。コロナの影響で全体的に廃れています。

ジュエリー・トレードセンター(Jewelry Trade Center)

宝石やその他のジュエリーの国際市場における最も重要な取引拠点です。個人も訪れ、日本人女性は宝石を買ってオリジナルのアクセサリーを作ったりします。

 

【遊】エンタメ

タニヤ通り

タニヤ通りと言えば、東南アジアでも最大級の日本人向け歓楽街としてその名を馳せており、カラオケ、クラブ、日本食店、ゴルフショップが集まっています。1970年頃より日本人の商社マンをはじめとする駐在員コミュニティが発展を下支えしてきました。タニヤという名前は元々の地主に因んでいます。

パッポン通り

パッポン通りはディスコやゴーゴーバーが集中する繁華街です。観光客が多く訪れるナイトバザールも有名です。ベトナム戦争の際にアメリカ軍兵士が休暇を楽しむために開発されたことを歴史があります。

バンコクを代表する老舗繁華街パッポン通り

 

【医】病院・クリニック

シーロムの外国人向け医療事情は良好です。日本語デスクがありタイ人富裕層御用達のBDMSグループの「BNH病院」、カトリック教会の非営利「バンコククリスチャン病院」など外国人ビジネスマンの医療需要に対応する総合病院が複数あります。また、ラチャダムリ通りへ出れば公立機関の「チュラロンコン王記念病院」も近いです。

タイ_バンコク_シーロム _医療機関_BNH病院_バンコク クリスチャン病_タイランドピックス

 

【住】シーロムの居住環境・コンドミニアム

シーロムが提供するのは都市生活を気軽に体験できる利便性です。バンコクで歩いて通勤できることは最高の贅沢です。

北のラチャプラソン、南のチャロンクルン、東のスクンビット、西のヤワラート(中華街)を繋ぐ、新旧の金融・商業が出会う分岐点で、MRTシーロム駅、BTSサラデーン駅、BTSチョンノンシー駅など多くの駅があります。

シーロムは不動産投資にも魅力的なエリアと言えます。住宅需要が常に供給を上回ってり、この供給不足はシーロムの不動産を有利な投資の選択肢にする需要を維持するのに役立ちます。

バンコク_シーロム_Dusit Central Park_Dusit Parkside_Dusit Residence

2024年開業予定の69階建ての高層コンドミニアム「Dusit Residence」

 

シーロムのお部屋探し・投資物件選び!

オフィスもルンピニー公園も散歩圏内、都心の好環境を日常使いできる街です。CBDに住むという圧倒的な通勤利便性とステイタスをもたらしてくれます。シーロム・サトーンプルンチットチットロムなどに職場がある方にも最適の住環境しょう。

タイランドピックスでは多数の上質な賃貸・販売情報をご紹介しています。

シーロムのお部屋探し・売買の無料相談

シーロムに精通した不動産プロが厳選物件情報をご提供いたします。
賃貸物件、不動産投資、オフィス・テナント探しなどお気軽にお問合せください。

お問合せはコチラ

 

 

関連記事

  1. タイ_バンコク_チットロム Chit Lom_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    チットロムの街紹介 | デパートが密集するショッピングゾーン

  2. タイ_パタヤ_コンドミニアム_Pattaya_เมืองพัทยา タイランドピックス.jpeg

    パタヤの街紹介|観光客と退職移住者に人気のビーチリゾート

  3. タイ_バンコク_中華街_ヤワラート_ ถนนเยาวราช_耀華力路_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    タイの中華街|ヤワラート通りを中心としたチャイナタウンの歴史・食文化・観光地

  4. タイ_バンコク_プラカノン Phra Khanong_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス copy.jpeg

    プラカノンの街紹介 | 昔ながらの雰囲気と近代商業施設が混在するエリア

  5. タイ_バンコク_スクンビットエリア Sukhumvit Area_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    スクンビット通り・エリアの紹介 | 日本人街と近代都市

  6. タイ_バンコク_ナナ_Nana_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    ナナの街紹介|観光客で賑わう国際色豊かな歓楽街

  7. タイ_バンコク_トンロー _Thonglor_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    トンローの街紹介|日本人居住区とバンコク流行発信地

  8. タイ_バンコク_プナウィティ_Punnawithi_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    プナウィティの街紹介|True Digital Parkが牽引するスマートシティ

  9. タイ_バンコク_アーリー_コンドミニアム_Bangkok Ari อารีย์_タイランドピックス.jpeg

    アーリーの街紹介|オシャレだけど気取らないカフェ激戦区

  10. タイ_バンコク_オンヌット _On Nut_อ่อนนุช_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    オンヌットの街紹介 | 発展し続ける職住近接のベッドタウン

  11. バンチャークの街紹介 | バンコク庶民の下町

  12. タイ_バンコク_サイアム _Siam_街紹介_コンドミニアム賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    サイアムの街紹介 | バンコクの交通網の中心を担うショッピング地区

  13. Sukhumvit Road, from Asok intersection to Soi Nana, in 1964

    スクンビット通りの歴史

  14. タイ_バンコク_ラチャダムリ _Ratchadamri_ ถนนราชดำริ_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    ラチャダムリの街紹介 | バンコク屈指の一等地エリア

  15. タイ_バンコク_サートーン _Sathorn สาทร_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    サトーンの街紹介|大使館・外資系企業が多いハイクラスエリア

トレンド

2022年_最新タイ_観光_出張_出入国情報_タイランドピックス (1)

メルマガ会員登録のご案内

 
メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。タイランドピックス主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、タイ生活を豊かにするための情報を厳選してお届けします。

* 必須




ガイド

バンコク以外 エリア別情報

PR

タイ_タイランドエリートビザ _ThailandElite_タイランドピックス

 

 

バナー_タイランドエリート_メリット_加入ご相談_タイランドピックス

タイビザ_結婚_リタイヤメント_永住権_タイランドピックス