タイの医療事情

タイ王国の医療事情を解説します。

タイでは殆ど全国民が公的医療保険で守られている一方で、富裕層や外国人は高級病院でアジアTOPクラスの充実した医療サービスを受けることが可能です。貧富の差が大きい国ですので、地域によって医療レベルや環境は大きく異なりますが、バンコクやチェンマイなど主要都市の公立基幹病院や有名私立病院の医療レベルや環境は良好です。

 

タイの3つの公的保険医療制度

タイの公的医療制度は「公務員医療保険制度(CSMBS)」「被用者社会保障制度(SSS)」「国民医療保障制度(UC)」からなり、この3制度でほぼタイ全国民がカバーされています。

タイ_医療制度_医療システム_タイランドピックス

1. 国民医療保障 UC「30バーツ保険」

国民医療保証制度は、2002年施行の公務員、社会保険に該当しない一般国民・農家・自営業者などが対象の医療給付です。加入者数は約5,000万人と国民の75%が加入。

これは日本の国民健康保険に該当する、通称「30バーツ医療制度」と呼ばれます。保険料は税財源で運営されますが、保険料負担は1回の外来や入院につ き30バーツの本人負担を徴収されるのみです。給付対象は加入者本人のみ。タクシン政権による政治主導で導入され、2002年9月より導入。受診できる医療機関は、事前に登録した居住地域の国公立病院であり、病院受付は行列ができ待ち時間も非常に長いのが一般的です。

2. 公務員医療給付 CSMBS「公務員の福利厚生」

公務員医療給付制度は、1963年施行の政府に勤務する公務員とその家族に対する医療給付です。加入者数は約500万人。(国民の8%)

税財源による福利厚生として実施されており、原則受診医療機関の制限はなく、高級民間病院なでも無料受診可能です。しかし、民間病院への入院時には本人負担が生じます。また、償還額の上限が設定無し、受診時の本人負担は無し、保険料負担は無しなど、非常に優遇された制度です。退職後も適用されます。

3. 社会保険 SSS「民間被用者」

社会保障制度は、1990年施行の民間企業の従業員を対象にした医療給付です。加入者数は約1,400万人。(国民の21%)

保険料は労使折半の保険料と政府の追加拠出により賄われています。タイで企業では取締役を除いて全員が社会保険に強制加入であり、月々の保険料は最大750THB(2,600円)で給与天引で徴収されます。通常、労使折半ですが、一部の企業は雇用側が全額負担する場合もあります。日本人でも社会保険加入の企業に勤めば加入可能ですが、扶養家族は対象外。

事前に登録した医療機関でのみ受診でき、一定の限度額を超えるまでは受診時の本人負担はなく、現物給付 (診療、看護、薬剤、移送など)や現金給付が行われる仕組みです。特例として、出産サービス利用時のみ、社会保険制度加盟病院全てで受診が可能となります。

高級私立病院のように日本語カウンターがあるわけではなく、タイ語で診察を受ける事になるので日本人がこの制度を利用する事は殆どありません。ですので、雇用企業や自身で別の民間医療保険に入りカバーするケースが一般的です。

 

タイの医療機関の類型と有名病院

タイの医療機関は、国公立病院などの公的医療機関が1,025、民間医療機関が261と、8:2の割合で存在しています。医療従事者の偏在が問題となっており、都市部に集中しており、北東部を中心とした地方では不足していおり、 バンコクと北東部では医師集中度に7倍の違いがあり深刻な問題となっています。

公的医療機関

タイ_医療事情_公立病院_タイランドピックス

代表的な公立基幹病院

国公立病院などの公的医療機関が1,025箇所あり、保健省、その他の政府省、公社・NGOそして地方自治体が管轄しています。9割の医療機関が一次医療機関で、公立の一次医療機関が農村部に多くあります。

公立病院の中でも以下に挙げるような中心的な基幹病院では、領域によっては高度な医療が行われています。公立病院は医療費が安いのが大きな魅力なのですが、その年間予算は不十分で医薬品等の使用にも制約があり、どの病院も終日タイ人患者で溢れ返り、外来受診は長時間待つのが当たり前です。また、農村部など一部の貧困地域では自治体や保険所が病院の代わりに簡単な診察と薬を無料で処方するケースもあります。

当然、医師は短時間に多くの患者を診なければならず、一人一人の患者に十分な時間をかけられない状況です。また、医師の多くは英語を話しますが、他の病院スタッフは通常タイ語しか話せないため、外国人は事務手続き等で問題を抱えます。これらの点を考慮すると、日本人が公立病院を利用することはあまりお勧めできません。事実、長期滞在している日本人の多くは事情が許す限り私立病院を利用しています。

代表的な公的医療機関

# 病院名 所在地 病院概要 病床数 医師数 外来患者
1 Siriraj Hospital シリラート病院 バンコク 1888年設立のタイ最古且つ 最大規模の病院。現在、マヒドン大学医学部の付属病院。 2,111  1,800 287万
2 Chulalongkorn Hospital チュラロンコン病院 バンコク 1914年にラーマ6世王の私財により赤十字社病院として設立。現在、チュラロンコン大学の付属病院。 1,479 196 146万
3 Ratchathew Hospital ラチャウィティー病院 バンコク 1951年に女性医療専用の病院として設立。 1,097 200 93万
4 Khon Kean Hospital コンケン病院 コンケン 1947年設立の東北地方の地域基幹病院。現在、コンケン大学医学部の教育センターに指定。 867 272 70万
5 Hat Yai Hospital ハットヤイ病院 ソンクラー 1958年設立の南部の地域基幹病院。3次医療サービスを提供。 640 188 20万
6 Nakorn Ping Hospital ナコーン・ピン病院 チェンマイ 1990年に総合病院として設立。レファラル・システムを推進する 病院として、計画作成等を行う。 585 146 53万
7 Pranakorn Sri Ayutthaya Hospital プラナコーンシーアユッタヤー病院 アユタヤ 1912年設立のアユタヤ初の医療機関。マヒドン大学ラマディボディ病院の関連院。 528 82 36万

民間医療機関(私立)

タイ_医療制度_民間私立病院_タイランドピックス

代表的な私立総合病院

タイの民間医療機関は都市部に集中しています。タイの私立病院は日本とは異なり株式会社の形態で運営される民間のヘルスケア企業で、BDMSグループなどタイ証券市場(SET)の主要銘柄になっているものもあります。

バンコクの代表的な私立病院の医療水準はかなり高く、日本の病院と比較しても遜色ありません。それらの病院では、日本の医学部を卒業した医師、或いは日本の病院で研修経験のある医師・看護師が常勤しています。また日本語通訳(日本人又はタイ人)が勤務し、専用窓口を設けるなど、邦人患者の便宜を図っています。

なお、私立病院では診察料・治療費等は各々の病院が独自に定めており、日本と比べて安価とは言えません。特に、メディカルツーリズム、在住外国人、タイ人富裕層などをターゲットにしたバンコク病院、サミティベート病院、BNH病院、バムルンラード国際病院などの高級病院は先進国でもTOPレベルの医療サービスが受けれる分、治療費・入院費は高額です。受診する際は事前に料金等を確認するか、または加入している医療保険、海外旅行傷害保険、クレジットカード付帯保険(キャッシュレス診療)などの保険が適用されるかの確認は必須です。

代表的な民間医療機関

# 企業名 所在地 企業概要   病床数 医師数 外来患者
1 Bangkok Hospital バンコク病院グループ バンコク BDMSの中核病院。タイ最大の大規模高級民間病院グループ。 343 632 61万
2 Bumrungrad Hospital バムルンラード病院 バンコク 東南アジア屈指の高級病院。年間100万人の患者を受け入れ、内40%が海外からの患者。 580 988 109万
3 Samitivej Hospital サミティベート病院グループ バンコク BDMS傘下の高級プライベート病院。年間100万人の患者を受け入れる。 275 583 43万
4 McCormick Hospital マコーミック病院 チェンマイ キリスト教団の監督する私立総合病院。北タイ4箇所の系列クリニックを所有。 400 76 23万
5 Aikchol Hospital アイコール病院 チョンブリ チョンブリー初の民間医療機関として設立。 262 131 30万
6 Vibhavadi Hospital ヴィパワディー病院 バンコク ドンムアン空港近くで、ベッド数250床、24時間体制の三次急性期の民間病院を経営。 263  486 46万
7 Khon Kean Ram Hospital コーンケンラム病院 コンケン BDMS傘下のラムカムヘン病院グループ。東北部及びメコーン川近隣国で最先端の病院として機能。 184 27 20万
8 Rajyindee Hospital  ソンクラー チョンブリ病院グループに所属。ソンクラーを訪れる外国人旅行者を中心に医療サービスを提供。 196 30 26万

 

日本人・外国人の医療事情

在タイ日本大使館によれば64,000名の日本人が長期滞在しており、旅行者や一時滞在者を含めると常時10万人程度が滞在していると言われています。特に、首都バンコクには英語話者の外国人は勿論ですが、英語が話せない在留邦人に対して手厚い日本語医療サービスを提供する民間医療機関があります。

そして、特に日本人居住区であるスクンビットエリアには日本資本が経営する現地日本人のためのクリニック、歯科医院、薬局などもいくつかあります。ここに紹介する民間機関は医療費が高額であるため、海外旅行傷害保険もしくはプライベート医療保険への加入必須です。

日系医療機関

サクラクロスクリニック(Sakura Cross Clinic)

タイの医療事情_バンコク_サクラクロスクリニック_サクラ十字_日系クリニック_タイランド ピックス

2018年にBTSプロンポン駅直結のエンポリアムタワーに開業した桜十字病院グループのクリニックです。主に、日系企業の駐在員とその家族をターゲットとしており、日本人スタッフ、日本人医師による医療サービスを受けることが可能です。主要な医療保険会社と提携しておりキャッシュレスで受診可能です。無保険の場合の初診料は2,000THB(ドクターフィー含む)。

ブレズ薬局(Brez Pharmacy)

タイの医療事情_ブレズ薬局_BLEZ_タイランド ピックス

バンコクとシラチャに計18店舗展開する日系薬局です。プロンポンとアソークのブレズ薬局(アソーク店・49店・39店)とブレズ漢方薬局は日本人通訳が常駐しており、在留邦人のプライマリー・ケアを担います。タイでは日本で処方箋が無いと買えない医療用医薬品でも、簡単に購入することが出来るため日本語が通じる薬局は重宝されます。

DYMインターナショナルクリニック

タイの医療事情_バンコク_DYMクリニック_プロンポン _トンロー _日系クリニック_タイランド ピックス

バンコクに2店舗(プロンポン、トンロー)を構える日本人医師経営のクリニックです。内科、小児科、婦人科、皮膚科の診療を完全日本語対応で受診可能。ワークパミットの健康診断で有名。

ゆたかデンタルクリニック

タイの医療事情_バンコク_日系歯科医院_ゆたかデンタルクリニック_タイランド ピックス

プロンポンにある日系資本が経営する歯科医院です。治療行為はタイ人歯科医師が行いますが、歯科知識に精通した日本語通訳スタッフが常駐しており、日本語でサービスを受けることが可能です。各種保険にも対応しています。

 

国際医療機関

バムルンラード国際病院(Bumrungrad Hospital)

タイの医療事情_バンコク_バムルンラード国際病院_日本人ラウンジ_タイランドピックス

タイならではホスピタリティとホテルレベルに洗練された院内ファシリティを持つ、メディカルツーリズムを牽引する国際医療機関です。タイで最も医療費が高額なことでも知られる、富裕層向けの高級私立病院です。クリニックビル10階に”ジャパンデスク(日本人専用ラウンジ)”を設置しており、1日あたり150-200名の日本人患者が受診します。殆どの民間医療保険が利用でき、キャッシュレス診療が可能です。

バンコク病院グループ(Bangkok Hospital)

タイの医療事情_バンコク病院 _日本人専門クリニック_タイランドピックス

タイ全土の主要都市に40箇所の病院クリニックを展開する最大手の民間私立病院グループです。バンコクは勿論、シラチャ、パヤタ、チェンマイなど日本人居住者が多いエリアにも総合病院があります。中でも日本人に身近なのはラーマ9世通りの「バンコクゼネラル病院」です。リハビリ棟7階に”日本人専門クリニック(JMS)”が設置されており、常設日本人スタッフにより日本語で対応可能です。盲腸の手術費は200,000THB、入院費はスタンダードルームの12,000THB/日、VIPルーム35,000THB/日、ICU50,000THB/日と非常に高額です。

サミティベート病院グループ(Samitivej Hospital)

タイの医療事情_バンコク_サミティベートスクンビット病院_日本人窓口_日本人医療センター_タイランド ピックス

バンコク(スクンビット、チャイナタウン、シーナカリン)とシャラチャーに4拠点を持つ民間私立病院グループです。日本人居住エリアのトンローのソイ49にある「サミティベート・スクンビット病院」は一日400人の日本人患者が受診し、現地の邦人医療を支えています。”日本人専用外来窓口”が設置されおり、24時間年中無休で日本語でサポートを受けることが可能です。2019年に”日本人医療センター”が開院し、益々充実しています。

 

\タイ医療保険のお申込み/

タイの外国人医療は”お金”がモノを言います。しっかりと民間医療保険に加入していないと、いざという時の治療費・入院費が想像以上に家計を逼迫します。

海外保険付クレジットカードはコチラ

 

850฿のコロナ保険はコチラ