タイの中華街|ヤワラート通りを中心としたチャイナタウンの歴史・食文化・観光地

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート_ ถนนเยาวราช_耀華力路_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

タイ中華街の概要

200年以上の歴史を持つ世界で最も古い中華街の一つ

タイ王国の中華街はバンコク都サムパッタウォン区のヤワラート通りを中心としたエリアです。ラタナコーシン王国の王都バンコクが設立された1782年より潮州系中国人移民の居住区が形成されました。

タイにおける中国人コミュニティは、現在の首都バンコクが設立される前から存在しています。12世紀から13世紀頃のアユタヤ王朝初期以来、中国人は現在の大宮殿の地域に住んでいました。1767年にアユタヤ陥落した後、潮州人のタクシントンブリー王国を設立したとき、彼はトンブリーの新しい首都に米と食料を供給する際に、民族的つながりを共有した潮州商人の助けを借りましたその見返りに、彼はチャオプラヤー川の東岸、彼の宮殿の反対側、そして彼らのコミュニティを定住させるための市壁に囲まれた土地を含む多くの恩恵を彼らに与えました。

ラーマ1世が1782年にチャクリー王朝の首都バンコクに設立し、大宮殿を建設することを決定したとき、中国のコミュニティは2kmほど下流のソイサンペンに移転しました。この頃、中国南部の飢饉により、多くの福建省と潮州省の人々が東南アジアに移住しました。当時の華僑は今のように裕福ではなく湾港の荷受、道路工事、建築現場などの肉体労働に従事する貧しい労働者が大半でした。

当時、中華街はアヘン窟、賭博場、売春宿、ナイトクラブなどが集まるバンコクでも有数の危険な繁華街でした。これらの儲かる悪徳が繁栄するにつれて、違法取引を管理するために引っ越してきた中国の秘密結社やチャイニーズ・マフィアの三合会も繁栄しました。異なる中国の方言グループからのギャングの間で必然的に激しい競争が起こりまり、1889年この紛争は全面的なギャング戦争に発展しました。

その後、中国のコミュニティは貿易で繁栄し、中国からの移民がバンコクに殺到するにつれて徐々に成長し、勤勉さと華僑同士の結束力で財をなす者も増えました。第2次世界大戦の勃発やタイ政府の移民政策で多くの華僑が帰化を奨励し、タイで生まれた華人に自動的にタイ国籍を与える属地主義を導入し、移民はタイに同化し溶け込みました。

現在は中国文化の中心地として機能し、伝統的な商品を販売するショップが数多くあり、特に美食を求めて地元民や外国人が集まる観光地として知られています。このエリアの土地購入価格は、タイで最も高価な土地の1つにもランクされています。チャルンクルン通り、サナムチャイ通りなどの周辺の土地価格は上がり続けており、1ライ当たり3~4000万THBにも登ります。チャイナタウンにはバンコクの初期の建築の多くの例があり、地区内の建物の約14%が歴史的建造物に指定されています。

 

主要エリア

ヤワラート通り(Yaowarat St)

ヤワラート通り(中:耀華力路)は1.5kmに渡る中華街のメインストリートです。”若い王”を意味するヤワラートという名前は、ラーマ5世が息子である皇太子に敬意を表して授けたものです。ここはバンコクの中でも1、2を争うくらい賑やかなエリアで、コロナ禍でも平日、休日問わず一日中人が溢れています。特に中国正月、菜食主義祭りなど各種行事の際は街中がお祭りムードになります。

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート通り_タイランドピックス

Yaowarat Road

ヤワラート通りのもう一つの魅力と言えば食。歴史的な背景もあり潮州料理のお店が多いです。フカヒレや燕の巣などの珍味を出すお店も多いです。夕方から続々とオープンする屋台街は人気で、観光客は勿論、都心に住むタイ人もわざわざ足を運びます。

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート通り3_タイランドピックスj

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート通り2_タイランドピックスjpg

ヤワラートと言えばアジア有数の金行街。数ある金行店の中でも4店舗を持つ最大手の振和興大金行が有名です。ここの社長は、タイの金業界団体の会長も務めるほど影響力を持っています。タイでは純粋資産として金を保有する場合、富裕層はインゴットを自宅などに保管する一方で、一般市民はファッションを兼ねて加工品を購入する文化があります。

バンコク _中華街_ヤワラート_ゴールドショップ

和成興大金行(Hua Seng Heng Goldsmith)

いつもの見慣れた大手商業銀行も中華街ならではの外観や中国表記が目立ちます。中でも、シンガポールに本拠地を置く華人系のUOB銀行は一際大きな建物で、中華街に住む富裕層向けVIPサービスを提供する部門も備えています。

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート通り_バンコク銀行_UOB_LH_TTB_タイランドピックス

ヤワラート通りの銀行

 

チャルンクルン通り(Charoen Krung)

ヤワラート通りと平行するチャルンクルン通りは反対進行方向の一方通行車線で交通管理されています。2019年7月にMRTが延伸しMRT「ワットマンコン駅」が開業しました。

バンコク _中華街ヤワラート_ワットマンコン駅_Wat Mangkon MRTjpg (1)

MRT Wat Mangkon

2020年にはショッピングモール、ホテル、マンションからなる複合施設「アイムチャイナタウン」が開業しました。

バンコク _中華街_ヤワラート_IM CHINATOWN_タイランドピックス

I’m Chinatown

サンペン市場(Sampeng)

チャイナタウンの起源として知られる細長いサンペン通りは、1892年にヤワラート通りが建設されるまではメインストリートでした。現在は卸市場として機能しており、多数の華人で賑わいチャイナタウンの活気の源を肌で実感できます。狭くて細長い路地にジュエリー、靴、時計からおもちゃ、布地、そして無数のエキゾチックな食べ物まで、あらゆる種類の商品を販売する店が軒を連ねます。

タイ_バンコク_中華街_ヤワラート通り_サンペン市場_タイランドピックス

Sampeng Lane Market

タラートノイ通り(Talat Noi)

バンコク初の港であり最初に移民が上陸したのがタラートノイ。アユタヤ陥落後に再定住したポルトガル人が設立した聖ロザリー教会、中国式住居ソーヘンタイマンション、タイで最古の銀行支店であるサイアム商業銀行(SCB)タラットノイ支店など、いくつかの歴史的建造物があります。

自動車の中古部品が山の様に積み重ねられた路地、ストリートアートが描かれた古びた古民家の壁、「Patina Cafe」「Mother Roaster」などのお洒落なカフェなどが人気を呼び、写真好きの若者や外国人観光客の街歩きスポットになっています。

バンコク _旧市街_タラートノイ (1)

また、2017年に開業した「Warehouse30」は大戦時に旧日本軍が使用していた古い倉庫を改装したコミュニティコンプレックスで、レストラン、カフェ、アート愛好家向けの展示会を備えた新しいクリエイティブスペースです。

Warehouse30

Warehouse30

ソンワット通り(Songwad)

ソングワットという名前は”王による絵”を意味します。それは、サンペン地域での大火の後、1892年にラーマ5世によって建てられました。現在、ソンワット沿いの建物の状態は、100年以上前の過去と同じです。それらの多くは、全粒穀物の種子の取引など、伝統的な事業を運営しています。

 

バンコクのお部屋・投資物件探し!

伝統的な街並みを残しながらも近代化の波が少しづつ押し寄せるヤワラートエリアは観光地整備が進む再開発エリアです。

タイランドピックスでは多数の上質な賃貸・販売情報をご紹介しています。

本記事がお役に立ちましたら
いいね!お願いします。

Follow on Twetter !

関連記事

  1. タイ_バンコク_ナナ_Nana_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    ナナの街紹介|観光客で賑わう国際色豊かな歓楽街

  2. タイ_バンコク_オンヌット _On Nut_อ่อนนุช_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    オンヌットの街紹介 | 発展し続ける職住近接のベッドタウン

  3. タイ_バンコク_プロンポン _PhromPhong_街紹介_コンドミニアム賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    プロンポンの街紹介 | 衣食住が高レベルで揃う高級日本人街

  4. タイ_バンコク_ウドムスック Udomsuk_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス copy.jpeg

    ウドムスックの街紹介|第二のオンヌットとして開発の波が押し寄せる

  5. タイ_バンコク_スクンビットエリア Sukhumvit Area_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    スクンビット通り・エリアの紹介 | 日本人街と近代都市

  6. タイ_バンコク_バンナー _BangNa_街紹介_コンドミニアム賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    バンナーの街紹介|副都心開発が進む東部経済回廊の入り口

  7. タイ_バンコク_ラチャダムリ _Ratchadamri_ ถนนราชดำริ_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    ラチャダムリの街紹介 | バンコク屈指の一等地エリア

  8. タイ_バンコク_エカマイ_Ekkamai เอกมัย_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    エカマイの街紹介 | 緑豊かな閑静な高級住宅街

  9. タイ_バンコク_アソーク _Asoke_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    アソークの街紹介|近代都市バンコクを象徴するオフィス街

  10. タイ_バンコク_チットロム Chit Lom_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    チットロムの街紹介 | デパートが密集するショッピングゾーン

  11. バンチャークの街紹介 | バンコク庶民の下町

  12. タイ_バンコク_サートーン _Sathorn สาทร_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    サトーンの街紹介|大使館・外資系企業が多いハイクラスエリア

  13. タイ_バンコク_サイアム _Siam_街紹介_コンドミニアム賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    サイアムの街紹介 | バンコクの交通網の中心を担うショッピング地区

  14. タイ_バンコク_プルンチット _Phloen Chit_街紹介_コンドミニアム賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    プルンチットの街紹介|大使館や高級住宅がズラリと並ぶ国際色豊かなエリア

  15. タイ_バンコク_シーロム _Silom_ สีลม_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    シーロムの街紹介|金融機関が集まるバンコクのウォール街

PR

タイ_タイランドエリートビザ _ThailandElite_タイランドピックス

 

 

  1. タイ_バンコク_PCR検査の料金・価格リスト_タイランドピックス

    バンコク主要病院・クリニックでのPCR検査費用

    2021.08.06

  2. Sukhumvit Road, from Asok intersection to Soi Nana, in 1964

    スクンビット通りの歴史

    2021.07.29

  3. タイ-バンコク-NISTインターナショナルスクール-NIST International School-2

    スクンビットエリアにあるインターナショナルスクール

    2021.07.25

  4. タイのインターナショナルスクール御三家|200校の頂点に立つ名門校

    2021.07.22

  5. 2021タイ-バンコク最新高級ホテル-タイランドピックス

    2021年 バンコク最新ホテル事情 | 高級ホテルの開業ラッシュが止ま…

    2021.07.14

  6. タイ移住_メリット・デメリット_バンコク_日本人_タイランドピックス

    タイ移住のデメリット|悲惨な末路を迎え後悔しないための10の問題

    2021.07.13

  7. タイ移住_メリット・デメリット_バンコク_日本人_タイランドピックス

    タイ移住のメリット|日本人向けの生活・物価・仕事・医療・教育・…

    2021.07.09

  8. タイ_バンコク_中華街_ヤワラート_ ถนนเยาวราช_耀華力路_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス

    タイの中華街|ヤワラート通りを中心としたチャイナタウンの歴史・…

    2021.06.30

  9. タイ_ビザ_永住権_結婚配偶者ビザ_投資ビザ_労働ビザ_Permanent Residency _PR_永住許可証__タイランドピックス

    タイ「永住権」の解説|結婚・投資・就労ビザからの取得

    2021.06.29

  10. タイ_バンコク_サートーン _Sathorn สาทร_街紹介_賃貸・売買_タイランドピックス.jpeg

    サトーンの街紹介|大使館・外資系企業が多いハイクラスエリア

    2021.06.11

  1. タイ_バンコク_PCR検査の料金・価格リスト_タイランドピックス

    バンコク主要病院・クリニックでのPCR検査費用

  2. タイ-バンコク-NISTインターナショナルスクール-NIST International School-2

    スクンビットエリアにあるインターナショナルスクール

  3. 2021タイ-バンコク最新高級ホテル-タイランドピックス

    2021年 バンコク最新ホテル事情 | 高級ホテルの開業ラッシュが止ま…

  4. タイ移住_メリット・デメリット_バンコク_日本人_タイランドピックス

    タイ移住のデメリット|悲惨な末路を迎え後悔しないための10の問題

  5. タイ移住_メリット・デメリット_バンコク_日本人_タイランドピックス

    タイ移住のメリット|日本人向けの生活・物価・仕事・医療・教育・…