「キングパワーグループ」の解説|空港免税店を独占する

タイ財閥_キングパワー_タイランドピックス

キングパワーグループの概要

キングパワー・グループ(英: King Power International Group)は免税店を展開するタイ王国の財閥企業です。セントラルグループCPグループタイビバレッジグループ(TCC)Red Bullグループ(CTP)と並ぶ5大財閥の一つ。

創業者のヴィチャイ・スリヴァッダナプラバ氏が1989年に事業を開始し、タイで初めてマハトゥン・プラザでのバンコク都心免税店ライセンスを取得しました。2018年にタイで5指に入る富豪としても知られる創業者のウィチャイ氏がヘリコプター事故で死去し、長男が後を継ぎました。

観光大国タイの主要空港における免税店事業の市場規模は約2,300億円と推定されますが、長きに渡ってキングパワー1社が独占しています。

 

主要企業

キングパワー・デューティーフリー(King Duty Free)

タイ_キングパワー_タイランドピックス キングパワーデューティーフリーはスワンナプーム空港を含むタイ主要空港の免税店を独占的に運営しています。免税店は入札によって運営業者が決められるが、国内小売大手や外国資本を押しのけて常にキングパワーが落札する事態が続いています。

また、バンコク最高層の複合施設として注目を集める「キングパワーマハナコンタワー」は不動産開発会社のペース・デベロップメントが経営悪化したことにより、一部を買取りました。

レスター・シティFC(Leicester City F.C)

タイ_キングパワー_レスターシティFC_タイランドピックス

2010年に当時プレミアリーグ2部のレスターを62億円で買収し、スタジアム命名権も取得。経営不振が続く中、同チームへの投資を進め、岡崎慎司選手が加わった15~16年シーズンにはプレミアリーグ初制覇を果たしました。

 

企業概要

英語名 The King Power International Group
タイ語名 กลุ่มบริษัท คิง เพาเวอร์ อินเตอร์เนชันแนล
本社 バンコク
創業年 1989年
創業者 ヴィチャイ・シーワタナプラパー
業種 免税店・商業不動産
売上高 1,800億バーツ(2019)
従業員数 7,000人
主要子会社
公式HP
SET銘柄
非上場

 

関連書籍

created by Rinker
¥2,640 (2021/04/18 01:32:44時点 Amazon調べ-詳細)

関連記事

  1. タイ_SCG_サイアムセメントグループ_王室系財閥_タイランドピックス

    「サイアム・セメントグループ」の解説|国王が筆頭株主を務めるタイ王室系財閥

  2. タイ財閥_CPグループ_チャロン・ポカパン_เครือเจริญโภคภัณฑ์_タイランドピックス.jpeg

    「CP(チャロン・ポカパン)グループ」の解説|タイ最大の架橋系コングロマリット財閥

  3. Thailand_Economy_タイランドピックス

    タイバーツ高が続く4つの理由|タイ経済と為替予想2021

  4. タイ財閥_セントラルグループ_CENTRAL GROUP_BIGC KFC TOPS B2S Office Mate OOTOTYA Centara Hotels Mister Donuts_タイランド ピックス .jpeg_

    「セントラル・グループ」の解説|タイ最大の小売流通のキング

  5. タイ財閥_ブーンロート・ブリュワリー_Boon Rawd Brewery_บริษัท บุญรอดบริวเวอรี่ จำกัด_シンハービール_タイランドピックス

    「シンハー・グループ」の解説|タイのビール財閥ブーンロート・ブリュワリー

  6. タイ_財閥企業_コングロマリット_SCG・CP・サミット・BDMS・TCP・シンハー・キングパワー・モール・バンコク銀行・アユタヤ銀行・サウアムモーターズ・サハ_タ

    タイの10大財閥企業|タイ経済を動かす最強コングロマリット総覧