「TCPグループ」の解説|タイ版レッドブルを販売する飲料系財閥

タイ財閥_TC Pグループ_TCファーマシューティカル・インダストリーズ_レッドブル_グラティンデーン_タイランドピックス (1)

最終更新日 2021年7月7日 by タイランドピックス編集局

TCPグループの概要

TCPグループ(英:T.C. Pharmaceutical)はエナジードリンク「レッドブル」の製造販売をを中核とするタイ王国飲料系財閥企業です。セントラルグループCPグループタイビバレッジグループ(TCC)キングパワーグループと並ぶ5大財閥の一つ。

創業者のチャルーム・ユーウィッタヤー氏は医薬品のセールスマンを経て、1956年に製薬会社TC Pharmaceutical Ltd.を設立。同社は医薬品から消費財まで製品範囲を拡大し「タトゥー」という化粧品ブランドでデビューしました。その後、エナジードリンク市場に目をつけ現レッドブルの源流となる「Krating Daeng(グラティンデーン)」を投入。当時はOsotspa(オソサファ)と大正製薬が合弁で販売する「リポビタンD」の天下だったものの、低所得者層を狙った価格設定に加えて、キャップと引き換えのプレゼントなど、タイ初の画期的なマーケティング方法でブランドの認知度を高めました。

その後、1984年にオーストリア人実業家のディートリッヒ・マテシッツ氏と合弁事業を開始。その後、国際販売権を獲得し、独自の配合で数年をかけて改良を行い、1987年に今日の青いボトルの国際版「Red Bull」を行うオーストリア版レッドブル社が設立されました。現在、”国際版”レッドブルはエクストリームスポーツやEスポーツなどイベントへのスポンサー活動を精力的に行なっており、若年層の支持を得ています。

レッドブル_タイ_TCPグループ_オーストリア_タイランド ピックス

タイ産のレッドブルとオーストリア産のレッドブル

2018年にTCPはレッドブルなどの飲料事業、マーケティング事業、自動販売機事業、ロジスティクス事業など5社を持ち株会社に統合し、現在同社は現在5つの食品飲料カテゴリーで8つのブランドを展開しています。タイのエナジードリンク市場は世界5位の規模を有する中、レッドブルとグラティン・デーンの2製品で市場の50%を占めています。今後は東南アジア全域で事業拡大させる為に30億バーツを投資する予定です。

TCPグループの筆頭株主のユーウィッタヤー家のチャルーム氏は米フォーブス誌の長者番付でタイ2位の大富豪として有名です。現在の資本構成はディートリッヒ氏がレッドブルの49%の株式を保有、49%はユーウィッタヤー家の11の家族、残りの2%は創業者チャリアオ・ユーウィッタヤーの長男であるチャレルム氏が保有しています。

 

主要企業

TCファーマシューティカル(T.C. Pharmaceutical Industries)

TPCグループ_レッドブル_TC薬品(T.C. Pharmaceutical Industries)_タイランドピックス

TCファーマは1978年に創業された食品・飲料の製造業者および輸出業者を行うグループの中核企業です。「グラティンデーン」「レッドブル」をアジア14ヵ国へ輸出販売しています。タイに2つの工場を、インドネシア、ベトナム、中国に3つの工場を持ち、年間総生産能力は10億リットルを超えます。

「グラティンデーン」はタイ初で世界で最も成功を納めたブランドとして認知されており、推定700億バーツ(2,500億円)の東南アジアのエナジードリンク市場でシェア40%を超えるマーケットリーダーです。40年以上にわたって成功を収めているエナジードリンクのパイオニアでもあり、いずれの国でもTO3に入るブランドです。

レッドブルビバレッジ(Red Bull Beverage)

タイ_TCPグループ_レッドブル_タイランドピックス

TCPが展開する商品ポートフォリオ一覧

レッドブルビバレッジはTCPの全ポートフォリオのブランディング、マーケティングおよび販売活動を目的として1988年に設立されました。

  1. Red Bull・Krating Daeng
  2. Ready
  3. Som Plus
  4. Sponsor・Life by Sponsor
  5. Mansome
  6. Puriku
  7. Riku
  8. Sunsnack

 

企業概要

英語名 T.C. Pharmaceutical Industries Co., Ltd
タイ語名 บริษัท ที.ซี.ฟาร์มาซูติคอล อุตสาหกรรม จำกัด
本社 バンコク
創業年 1956年
創業者 許書標(ユーウィッタヤー家)
業種 飲料・食品
売上高 1,000億円(2019)
従業員数 5,000人
主要子会社 TC Pharma・TG Vending・Durbell・HI-GEAR・TCP Incubator
公式HP
SET銘柄
非上場

 

関連書籍

[itemlink post_id=”2167″]

関連記事

  1. タイ財閥_キングパワー_タイランドピックス

    「キングパワーグループ」の解説|空港免税店を独占する大財閥

  2. タイ財閥_TCC (Thai Charoen Corporation)_タイビバレッジ_F&N_バーリユッカー_BIGC_ホテルオークラバンコク_OISHI_タイランドピックス (1)

    「TCCグループ」の解説|タイビバレッジを中核に置く新興コングロマリット財閥

  3. タイ財閥_CPグループ_チャロン・ポカパン_เครือเจริญโภคภัณฑ์_タイランドピックス.jpeg

    「CP(チャロン・ポカパン)グループ」の解説|タイ最大の架橋系コングロマリット財閥

  4. タイ_モールグループ_The Mall Group_Emporium Emquartie Groumet Market

    「ザ・モールグループ」の解説|タイ最大のモール運営会社

  5. タイ財閥_サハグループ_SAHA Group_タイランドピックス

    「サハグループ」の解説|タイの消費財系最大のコングロマリット

  6. タイ財閥_セントラルグループ_CENTRAL GROUP_BIGC KFC TOPS B2S Office Mate OOTOTYA Centara Hotels Mister Donuts_タイランド ピックス .jpeg_

    「セントラル・グループ」の解説|タイ最大の小売流通のキング

  7. 拡大するタイ富裕層とプライベートバンキング市場の発展

  8. Thailand_Economy_タイランドピックス

    タイバーツ高が続く4つの理由|タイ経済と為替予想2021

  9. タイ財閥_ブーンロート・ブリュワリー_Boon Rawd Brewery_บริษัท บุญรอดบริวเวอรี่ จำกัด_シンハービール_タイランドピックス

    「シンハー・グループ」の解説|タイのビール財閥ブーンロート・ブリュワリー

  10. タイ_財閥企業_コングロマリット_SCG・CP・サミット・BDMS・TCP・シンハー・キングパワー・モール・バンコク銀行・アユタヤ銀行・サウアムモーターズ・サハ_タ

    タイの10大財閥企業|タイ経済を動かす最強コングロマリット総覧

  11. タイ_SCG_サイアムセメントグループ_王室系財閥_タイランドピックス

    「サイアム・セメントグループ」の解説|国王が筆頭株主を務めるタイ王室系財閥

  12. タイ財閥_BDMS_バンコク・ドゥシットメディカル・サービス_Bangkok Dusit Medical Services_タイランドピックス

    「BDMS バンコク・ドゥシット・メディカルサービシーズ」の紹介|タイ最大の株式会社病院

トレンド

2022年_最新タイ_観光_出張_出入国情報_タイランドピックス (1)

メルマガ会員登録のご案内

 
メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。タイランドピックス主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、タイ生活を豊かにするための情報を厳選してお届けします。

* 必須




ガイド

バンコク以外 エリア別情報

PR

タイ_タイランドエリートビザ _ThailandElite_タイランドピックス

 

 

バナー_タイランドエリート_メリット_加入ご相談_タイランドピックス

タイビザ_結婚_リタイヤメント_永住権_タイランドピックス