「サハグループ」の解説|タイの消費財系最大のコングロマリット

タイ財閥_サハグループ_SAHA Group_タイランドピックス

サハグループの概要

サハグループ(英:Saha Group)とはタイ王国最大の消費財メーカー「サハ・パタナ・インターホールディングス」を主軸とする小売・消費財系の財閥企業です。グループ企業約300社、社員数10万人、総売上高1兆円を超えるコングロマリット。セントラルグループCPグループRed Bullグループ(CTP)キングパワーグループタイビバレッジグループ(TCC)と並ぶタイを代表する大手財閥です。

1942年、華僑二世で創業者であるティアム・チョクワタナー(李興添)氏が中国雑貨の輸入販売店から起ち上げ、その後息子のブンヤシット・チョクワタナー氏が事業を引き継ぎ拡大させ、現在では飲食料品をはじめ、日用品、化粧品、衣料品などの消費財や物流、工業団地運営など12の分野で事業展開しています。ブンヤシット氏は、日本での就労経験があり、早稲田大学名誉博士号を取得。1967年のライオンとの合弁会社設立を皮切りに、数々の日系企業と提携。

親日派として80社以上の日系企業との共同事業を推進しており、1967年にライオンと提携しシャンプーなどを販売、1970年にはワコールの下着の販売開始、近年ではローソン、グンゼ、イトキン、ツルハドラッグ、コメ兵、住友商事、セコムなどと業務提携しています。また、タイ東部のシラチャを重点開発しており、日本人学校シラチャに土地を寄付したり、周辺地域を東急電鉄と宅地開発を行い、日本人向けの賃貸住宅や商業施設「Jパーク日本村・シラチャ」を運営しています。

一方で、自社商品としてはタイの即席麺市場で50%超のシェアを握る「ママー」や洗濯用洗剤「パオ」など国民的ブランドを保有しており、タイ人が毎日手に取るもの中には、サハグループの製品が必ず3つや4つは含まれていると言っても大げさはありません。国内の即席麺市場の飽和状態に伴い、近年はミャンマー、カンボジア、バングラディッシュ、ハンガリーなどへ海外進出を強めています。また、国内ではホテルやコンドミニアム開発、インターナショナルスクール「キングスカレッジバンコク」運営、スマートグリッド、日本のブランド「くまモン」へ力を入れてます。

 

主要企業

サハ・パタナ・インターホールディングス(Saha Pathana Intl holdings/SPI)

SPIはサハグループ関連会社25社の株式を保有する事業持ち株会社で、工業団地運営や事業投資を行います。日本の総合商社双日と共にシラチャ工業団地、カビンブリ工業団地、ランブーン工業団地、メーソート工業団地などを運営。単体での売上高は90億円、時価総額は約1,300億円でタイ証券取引所へ上場しています。

タイ・プレジデント・フーズ(Thai President Foods)

タイ_サハグループ_タイ・プレジデント・フーズ_MAMA_タイランドピックス

タイプレジデントフーズは同国最大のインスタントラーメンメーカーであり、90を超える認知度の高い消費財ブランドを展開します。特に、主力製品「ママー」は市場規模500億円の内50%のシェアを占める大ヒット商品です。単体での売上高は700億円、時価総額は約1,800億円、従業員数4,000名でタイ証券取引所へ上場しています。日清食品HDが株式16%を出資。

サハ・パタナピブン(Saha Pathanapibuil)

タイ_サハグループ_サハ・パタナピブン_ローソン108_タイランドピックス

サハパタナピブンはコンビニストア「ローソン」を展開するサハグループの最大の企業です。2012年にローソンと合弁事業サハローソンを設立し、当初運営していたのコンビニ「108ショップ」600店舗の1部を「ローソン108」にリブランドしてスタートし、2021年現在は133店舗を展開します。近年は公共交通機関BTS駅内部へ集中出店し、競合のCPグループ「セブンイレブン」、セントラルグループ「ファミリーマート」を追撃します。単体での売上高は約1,000億円、時価総額は約600億円でタイ証券取引所へ上場しています。

ICCインターナショナル

タイ_サハグループ_ICCインターナショナル_ライオン_ツルハドラッグ_ワコール_タイランドピックス

ICCは消費財事業を統括する中核企業でワコール、ライオン、ツルハドラッグなどを傘下に抱えます。単体での売上高は約400億円、時価総額は約400億円でタイ証券取引所へ上場しています。Eコマース分野でLAZADAと提携し日用品やアパレルなどのオンライン販売を強化しています。

タヌラックス(Thanulux)

タヌラックスは1975年設立のメンズアパレル、ウィメンズアパレルを扱う衣料・皮革製品メーカーです。Daks、MORGAN、ELLE、ARROWなどライセンス商品も多く取り扱います。単体での売上高は約60億円、時価総額は約80億円でタイ証券取引所へ上場しています。

 

企業概要

英語名 Saha Pathana Inter-Holding Plc
タイ語名 บริษัท สหพัฒนาอินเตอร์โฮลดิ้ง จำกัด
本社 バンコク
創業年 1916年
創業者 ティアム・チョークワタナ(李興添)
業種 小売卸・消費財
売上高 約N兆円
従業員数 10万人
主要子会社 3,000億バーツ(2018)*グループ全体
公式HP
SET銘柄

 

関連書籍

created by Rinker
¥2,640 (2022/01/21 06:05:16時点 Amazon調べ-詳細)

外部参照

本記事がお役に立ちましたら
いいね!お願いします。

Follow on Twetter !

関連記事

  1. タイ_モールグループ_The Mall Group_Emporium Emquartie Groumet Market

    「ザ・モールグループ」の解説|タイ最大のモール運営会社

  2. タイ_財閥企業_コングロマリット_SCG・CP・サミット・BDMS・TCP・シンハー・キングパワー・モール・バンコク銀行・アユタヤ銀行・サウアムモーターズ・サハ_タ

    タイの10大財閥企業|タイ経済を動かす最強コングロマリット総覧

  3. タイ財閥_TCC (Thai Charoen Corporation)_タイビバレッジ_F&N_バーリユッカー_BIGC_ホテルオークラバンコク_OISHI_タイランドピックス (1)

    「TCCグループ」の解説|タイビバレッジを中核に置く新興コングロマリット財閥

  4. タイ_SCG_サイアムセメントグループ_王室系財閥_タイランドピックス

    「サイアム・セメントグループ」の解説|国王が筆頭株主を務めるタイ王室系財閥

  5. タイ財閥_BDMS_バンコク・ドゥシットメディカル・サービス_Bangkok Dusit Medical Services_タイランドピックス

    「BDMS バンコク・ドゥシット・メディカルサービシーズ」の紹介|タイ最大の株式会社病院

  6. タイ財閥_キングパワー_タイランドピックス

    「キングパワーグループ」の解説|空港免税店を独占する大財閥

  7. Thailand_Economy_タイランドピックス

    タイバーツ高が続く4つの理由|タイ経済と為替予想2021

  8. タイ財閥_TC Pグループ_TCファーマシューティカル・インダストリーズ_レッドブル_グラティンデーン_タイランドピックス (1)

    「TCPグループ」の解説|タイ版レッドブルを販売する飲料系財閥

  9. タイ財閥_セントラルグループ_CENTRAL GROUP_BIGC KFC TOPS B2S Office Mate OOTOTYA Centara Hotels Mister Donuts_タイランド ピックス .jpeg_

    「セントラル・グループ」の解説|タイ最大の小売流通のキング

  10. タイ財閥_CPグループ_チャロン・ポカパン_เครือเจริญโภคภัณฑ์_タイランドピックス.jpeg

    「CP(チャロン・ポカパン)グループ」の解説|タイ最大の架橋系コングロマリット財閥

  11. 拡大するタイ富裕層とプライベートバンキング市場の発展

  12. タイ財閥_ブーンロート・ブリュワリー_Boon Rawd Brewery_บริษัท บุญรอดบริวเวอรี่ จำกัด_シンハービール_タイランドピックス

    「シンハー・グループ」の解説|タイのビール財閥ブーンロート・ブリュワリー

メルマガ会員登録のご案内

 
メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。タイランドピックス主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、タイ生活を豊かにするための情報を厳選してお届けします。

* 必須




ガイド

バンコク以外 エリア別情報

PR

タイ_タイランドエリートビザ _ThailandElite_タイランドピックス