サイアム商業銀行(SCB)の紹介|タイ第三位の王室系銀行

サイアム商業銀行(SCB)の概要

室系の商業銀行

サイアム商業銀行(英:Siam Commercial Bank)は、1906年設立のタイ王国の資産規模第3位の大手商業銀行です。タイ4大銀行(バンコク銀行カシコン銀行クルンタイ銀行サイアム商業銀行)の一角を担う大手金融機関です。

その歴史はタイ初の商業銀行として王室が設立した経緯があり、現在も主要株主がタイ国財務省、王室財産管理局である王室系銀行です。2018年より現国王であるワチラロンコン国王がSCB株の18.1%を直接保有しています。

主要な関連会社には「SCB証券」「SCBアセットマネジメン ト」「SCB生命保険PLC」などがあります。

2016年にはフィンテック分野への投資促進のためCVC「Digital Ventures」を設立。またビックデータ分析やAI技術活用などテクノロジー分野の子会社を設立、同行行員のデジタル化教育のため「SCB Academy」の設置など、デジタル・トランスフォーメーションに先駆けて注力しています。

昨今のデジタル化の流れを受けて、今後3年間で店舗数を現在の約1,100店舗から400程度に削減、従業員も半分に削減する方針を示しています。

 

銀行口座開設の要件

タイ居住者の場合

まず、タイで正規就労している場合、パスポートとワークパミットのみで口座開設が可能です。

また、ノンイミグラントビザ(ビザ種類B/D/ED/F/O/O-A)を取得している場合は、タイの在住確認書類(不動産購入証明・賃貸契約書・光熱費の請求書など)があれば開設可能です。観光ビザでは口座開設は不可能。

タイ非居住者の場合

本行は開設要件が厳しく、ワークパミット無しでは口座開設はほぼ不可能です。バンコク銀行のような日本人優遇や、アユタヤ銀行の非居住者専用口座などの特別なサービスが有りません。

 

クレジットカード

 

外国人向けパーソナルローン

 

VIP向け「SCB FIRT」

富裕層向けのウェルス・マネジメントサービスとしてSCBファーストがあります。専任RM(リレーションシップ・マネージャー)、各種金利・手数料の優遇、上級クレジットカード発行、会員ラウンジのアクセスなどVIP特典が豊富です。

【外部参照リンク】

関連記事

  1. アユタヤ銀行(クルンシイ)の紹介|タイの銀行

  2. CIMBタイランド|タイの銀行

  3. 「THE WISDOM」の紹介 | カシコン銀行のVIPサービス

  4. カシコン銀行の紹介 | タイの銀行

  5. 「 Krungsri Exclusive」の紹介 | アユタヤ銀行(クルンシィ)VIPサービス

  6. 「SCB FIRST」|SCB(サイアム商業銀行)VIPサービス

PR

Banner_広告掲載_Thailandpickspng

AREA