タイの相続税事情|

タイの相続税事情は?

相続税は、故人の相続財産から富を得る者に課税することにより、税制を公正にすることを目的として、2015年8月5日に発表され、翌年2016年2月1日施行されました。大まかには1憶バーツを超える資産を相続する場合、その相続人に対し10%、相続人が直系尊属または直系卑属の場合には5%が課税されます。

ではタイで相続税がどのように機能するかを見てみましょう。

 

相続を受けたときに誰が税金を払う義務がありますか?

相続税法第11 条に基づき、相続を受けた以下の者は納税義務を負います。

  • タイ国籍の人
  • タイ以外の国籍の自然人であるが、移民法に従ってタイに居住している
  • タイ以外の国籍であるが、タイに所在する資産である相続を受けている人
  • タイで登録された、またはタイの法律に​​よって設立された法人、または登録および払込資本の50%以上を保有するタイの株主

相続税を支払う義務がないのは誰ですか?

次の場合は相続税の支払いが免除されます。

  • 1億バーツを超えない額の相続を受け取る。
  • 相続所有者の合法的な配偶者であること。
  • 相続税法の施行日(2016年2月1日)より前に死亡した所有者から相続を受け取る。
  • 教育、宗教、または公的目的で相続を受ける政府機関または法人。
  • タイと国連の間の約束の下で、または国際法または契約または他の国との相互の取り決めに従って、個人または国際機関。

相続税率

受け取った相続財産の価値が1億バーツを超える場合、1億バーツを超える部分のみが課税されます。

超過額の相続税率は次のとおりです。

  • 親子の相続税5%
  • 他の相続人には10%の相続税

相続税の対象となる資産

課税対象の相続資産は次のとおりです。

  • 不動産
  • 証券取引法に基づく証券
  • 相続人が金融機関からそれを引き出すか、預金を持っている人からそれを請求する権利を持っている預金されたお金、または他の形態の富
  • 登録車両
  • 王政令で規定される金融資産

相続税の計算方法は?

相続税を計算するときは、最初に資産の価値が1億バーツを超えるかどうかを判断する必要があります。

第15条によると、資産の価値の計算は、次のように、相続を通じてそのような資産を受け取った日に受け取ることができる価格または価値に基づくものとします。

  • 不動産–土地法に基づく権利および法律行為の登録料を徴収する目的で評価された不動産の資本価値は、大臣規則に規定された基準に従って第三者の権利によって差し引かれます。
  • タイ証券取引所に上場している有価証券–相続の受領日の証券取引所の営業時間終了時の有価証券の価格が適用されるものとします。
  • その他の場合、閣僚規則に規定された基準は、具体的ではなく、一般的に規定されなければならない。

価値が決定された後、資産価値が1億バーツを超えない場合、相続税の義務はありません。金額が1億バーツを超える場合、相続税は5%または10%の税率の対象となります。

たとえば、相続額が1億5,000万バーツの場合、親と子孫の税金は250万バーツ(5%x 5,000万)になり、他の相続人の場合、税金は500万バーツ(10%x 5,000万)になります。 。

相続税の申告

1億バーツ以上の相続を受け取った人は、相続税の申告書を提出し、相続を受け取った日から150日以内に納税する必要があります。納税申告書は、歳入局のWebサイトから印刷して 、支社の歳入局に提出することができます 。

関連記事

  1. バンチャークの街紹介 | バンコク庶民の下町

  2. タイ_バンコク_オンヌット_アイデオ モビ_Ideo Mobi 81_タイランドピックス

    Ideo Mobi Sukhumvit81|オンヌットの格安・高コスパのコンドミニアム

  3. Catch_BTS_プロンポン_Phrom Phong_タイランドピックス_Thailandpicks©

    プロンポンの街紹介 | 衣食住が高レベルで揃う高級日本人街

  4. Catch_BTS_チットロム_Chit Lom_タイランドピックス_Thailandpicks©

    「チットロム (Chit Lom)」の街紹介

  5. Ideo Mix Sukhumvit 103|ウドムスックの格安・駅近コンドミニアム

  6. Catch_BTS_プルンチット_Phloen Chit_タイランドピックス_Thailandpicks©

    プルンチットの街紹介|大使館や高級住宅がズラリと並ぶ国際色豊かなエリア