日本在住でもタイで不動産ローンが組める?|UOB銀行の外国人向け海外住宅ローン

タイでコンドミニアムを購入する場合、外国人がタイの現地銀行から住宅ローンを組むことが出来るのか?

基本的にタイの商業銀行は現地で就労している場合であっても、外国人向けのローンは取扱いがありません。しかし、外資系のUOB銀行タイに限ってはタイで就労している外国人、日本在住の日本人が不動産ローンを組むことは、実は不可能ではありません。

流石にタイ人向け不動産ローンと比べると厳しい条件ですが、タイランドピックス読者の皆様であれば十分にクリアできる可能性があります。

 

UOB銀行

UOB銀行_タイ_本店_タイランドピックス

バンコクのビジネス街サートンにあるタイ本店

UOB銀行タイはシンガポールを本拠地とするUOBグループのタイ法人です。アジア有数の大銀行グループであり、総資産ベースではでDBS、OCBCに次いで東南アジアで3番目に大きい銀行です。タイ国内では2005年より営業を開始し、2021年総資産ベースで国内第8位で、外資系銀行の中では米シティバンク・タイを抜いて最大です。

 

UOBの海外不動産ローン

UOBは2007年より外国人向けのオフショア・ホームローンを提供しています。タイに居ながら、UOBタイ法人を経由してUOBシンガポール本店からUSドルまたはシンガポールドルで融資を受けるシステムです。ローン審査が通った後に、UOBシンガポールとUOBタイの両国に銀行口座を開設することができ、シンガポール口座からタイ口座へ国際送金されるという流れです。通貨は米ドルかシンガポールドルのみの取り扱いであり、タイ口座の国際通貨口座へ着金します。そして、以降の返済もシンガポール本店へ行う必要があります。

対象物件

  • 金額:300 Million THB(1,000万円)以上のコンドミニアム物件
  • エリア:バンコク、プーケット、チョンブリ(パタヤ・シラチャ)、チャンマイ、チャアム、ホアヒン、サムイ
  • 注意:コンドミニアムのみが対象であり、住宅や土地はローン対象外

ローン期間

  •  3年から30年まで。

ローン通貨

シンガポール本店での借入であり、THBではなくUSDまたはSGDです。

  • USD(アメリカドル)
  • SGD(シンガポールドル)

ローン金利

USDに比べてSGDの方が金利が安いため、銀行はSGD建ローンを推奨しています。以前はSGDとUSDの金利差は小さかったのですが、2020年中旬から改定されています。タイの外資系企業でUSD建で給与を受けと取っている場合はUSDを選択する場合もあります。

シンガポールドル(SGD)建ローン
タイプ パッケージ1 パッケージ2 パッケージ3
金利 4.69 – 6.44% 4.29% 4.04%
ローン金額 THB 2,000,000 THB 5,000,000 THB 7,000,000
SGD 80,000相当 SGD 200,000相当 SGD 280,000相当
アメリカドル(USD)建ローン
タイプ USプライム
金利 6.0 – 7.0%
ローン金額 THB 2,000,000(SGD 80,000相当)

 

融資条件

タイ現地でのワークパミット(労働許可証)を持っている場合、タイ国外に在住の場合とでの融資条件が異なります。

基本条件

  • タイ国内指定エリアの300 Million THB(1,000万円)以上のコンドミニアム物件
  • 70歳までにローン完済が必要
  • 一定以上の給与所得があること
  • 外国人で以下の国で所得を得ている方 (日本、オーストラリア、ブルネイ、中国、カナダ、フランス、香港、インド、インドネシア、マレーシア、フィリピン、シンガポール、韓国、台湾、タイ、ベトナム、イギリス、アメリカ合衆国)

タイで労働許可証を持って就労しているケース

  • 年齢21- 65歳
  • 在タイの会社で勤続年数1年以上
  • 基準年収 USD 60,000 – SGD 72,000(585 – 660万円)以上

日本で会社勤務・会社経営をしているケース

  • 年齢21- 65歳
  • 在日本の会社で勤続年数2年以上(経営者の場合2年以上)
  • 基準年収 USD 85,000 – SGD 100,000(815 – 930万円)以上

 

提出書類

タイ・日本で会社員のケース

  • 雇用契約書の原本
  • 直近12ヶ月の給与明細票
  • 直近12ヶ月の銀行預金残高証明書(給料支払い履歴の確認)
  • 最新の所得税申告
  • 直近3ヶ月のクレジットカード支払い明細書(有れば)

タイ・日本で会社経営・個人事業主のケース

審査においては、経営者の場合でもまず個人所得が重要視されます。補完が必要な場合のみ、法人資料が考慮されます。

  • 会社登記簿のコピー
  • 会社株主名簿のコピー
  • 直近6ヶ月の法人銀行口座預金残高証明書のコピー
  • 過24ヶ月の会社決算書のコピー
  • 直近24ヶ月の代表者の個人給与明細票
  • 直近24ヶ月の所得税申告
  • 最新の所得税申告
  • 直近3ヶ月のクレジットカード支払い明細書(有れば)

 

ローン借入金額

タイ現地でのワークパミット(労働許可証)を持っている場合、タイ国外に在住の場合とでの借入金額が異なります。

タイで労働許可証を持って就労しているケース

  • 購入金額と政府査定額の内低い方の価格の60%から最大70%まで
  • 借入金額:2 Million THB – 50 Million THB(700万 – 1億7,000万円)

日本で会社勤務・会社経営をしているケース

  • 購入金額と政府査定額の内低い方の価格の55%から最大60%まで
  • 借入金額:2 Million THB – 50 Million THB(700万 – 1億7,000万円)

 

返済方法

返済方法はシンガポールの口座から引き落としですので、注意が必要です。タイから一回あたりの国際送金手数料は1,050THBと安く無いので、一度にある程度まとまった金額をシンガポールへ送る方が多いです。UOBの国際送金は銀行カウンターへ行く必要はなく、全てインターネットバンクで完結可能です。

  • 借入日の1ヶ月後に当たる日付より元本と利息を月割りで毎月返済。
  • タイ口座ではなく、毎月シンガポール口座から引き落とし。

 

契約締結時にUOBへ支払う諸経費

手数料 ローン合計額の1% *最大SGD 5,000、USD 1,000まで
審査費用 ローン合計額の3%
国際送金手数料 USD27 / SGD47
SBLC SWIFTサービス料 THB 1,000
収入印紙代 THB 30
SBLC THB 500
銀行手数料*初年度 THB 5,000 *2年目以降THB 3,000
最低預金額 ローン金額の1%(THB 50,000以上) *自身のUOB口座へ振込しキープ
火災保険 金額は物件に準ずる
ローン保険 金額は物件に準ずる
抵当権登録手数料
THB 1,605
キャンセル手数料
ローン合計額の1.50%

 

上記は2021年4月の情報です。貸し付け条件、金利、手数料等はUOB銀行によって予告なく変更される事があります。最新の情報は利用する際に改めてご確認願い致します。タイでコンドミニアムを購入する場合、外国人がタイの現地金融機関から住宅ローンを組む4つの資金資金調達方法もぜひご覧ください。

関連記事

  1. スタンダード・チャータード(Thailand)|タイの銀行

  2. タイ_外国人_不動産・住宅ローン_金利_銀行_タイランド ピックス

    タイで外国人が住宅ローンを組む4つの方法|不動産投資のための資金調達

  3. HSBC(Thailand)|タイの銀行

  4. タイ_クルンタイ銀行_KTB_Krung Thai Bank_Precious Plus_VIP富裕層_クレジットカード _タイランドピックス

    「PRECIOUS PLUS」の紹介|KTB(クルンタイ銀行)VIPサービス

  5. タイ_銀行_TMB TANACHRAT_ミリタリー銀行_タナチャート_合併_口座開設_タイランドピックス

    タナチャート銀行(現TMB)|タイの銀行

  6. タイ_シティバンク銀行_Citibank Thailand_口座開設_クレジットカード _金利_タイランドピックス

    Citibank Thailand(シティバンク・タイ)|タイの銀行の口座開設・活用ガイド