2022年のタイ観光FAQ|準備・手続き・保険・タイランドパスなど

最終更新日 2022年3月21日 by タイランドピックス編集局

2022年3月1日更新の最新版タイ観光FAQです。
3月よりワクチン完全摂取向け外国人旅行者へのTest&Go入国スキームが緩和され、4月からは追加緩和される可能性もあります。
最新の入国プロセスや準備などご確認ください。

タイ入国準備・日本出国

日本からタイの短期旅行は可能なのか?
3月1日より、短期のタイ旅行及び日本への一時帰国などがスムーズになります。タイ側では、Test&Go経由で、事実上1泊のホテル待機とPCR検査さえクリアすればあとは自由に移動できます。難点だった保険5万米ドルも2万米ドルへ減額され、一般的なクレジットカード付帯保険でもカバーできる範囲に収まります。そして、これまで問題だった日本側も帰国時待機は、指定ワクチン3回接種済み者(ブースター完了者)は完全免除となるので、短期旅行者にも希望の光が見えてきました。

一方で、自己負担のPCR検査やタイ側の初日検疫&検査パッケージは残っており、この点の費用がまだ重くのしかかります。

Q.隔離無し入国”Test&Go”の現在の運用状況は?

3月1日より緩和されました。2月より暫定導入されているTest&Goプログラムの2回目PCR検査と検査会場としての5日目ホテル予約が不要となります。引き続き、入国初日の指定ホテル宿泊、PCR検査、空港からの移動車両の3点が必須な100%検疫フリー入国ではありません。オンライン入国申請システムのタイランドパスでの事前入国許可の取得が必要です。。

昨年末より一時停止されていますが、2022年2月1日よりTest&Goのタイランドパス受付が再稼動します。渡航予定日の7日前までにご登録が必要なので、最短で2月の第一週から検疫無し旅行が再び可能となります。しかし、2月時点では入国初日と5日目のホテル予約+PCR検査がそれぞれ必要となりました。

Q.タイランドパスの申請から承認及びQRコード送信までの所用日数は?

現在は最短で当日数時間で承認が下ります。以前は、承認に概ね3−4日かかっていました。承認後にQRコードが登録メールに送付されます。進捗がない場合はタイ大使館・領事館にも問い合わせ可能です。
タイランドパスの登録方法(在大阪タイ総領事館HP)
タイランドパス登録ページ(公式)

Q.ワクチン未摂取者がタイに入国可能なのか?
可能です。ワクチン未接種者または2回摂取未完了の場合は、Test&Goでは使えません。AQ / ASQパッケージ (タイ政府代替検疫施設)にて10泊11日間隔離ホテルに滞在となり、この期間はホテルの限られた場所のみ外出できるのみとなります。

Q:タイに滞在するのは数日だけです。Test&Goを使用する場合、2回目のテストを行うまで滞在する必要がありますか?
RT-PCRテストは0-1日目と5-6日目です。5日目より前に事前に予約した帰りのフライトがある場合は、2回目のテストを行う必要はなく、料金を支払う必要もありません。
Q.タイ入国用のRT-PCR検査は「鼻咽喉頭ぬぐい液方式」と「唾液方式」のどちらなのか?
渡航に向けた日本出国時のPCR検査の種類は、RT-PCR検査の「鼻咽喉頭ぬぐい液方式」と「唾液方式」の双方が認められます。世界標準は鼻咽頭検査ですが、タイは具体的な指定がなく、より安価な唾液検査でも有効です。出国前72時間以内に取得し、英文の陰性証明書”原本”が必要です。
Q.5万USドル(570万円相当)のコロナ治療をカバーする医療保険はクレジットカード付帯保険でも認められるのか?
3月1日より、保険の補償金額が最低5万ドルから2万ドルへ減額されました。クレジットカード付帯の医療保険も有効です。名古屋総領事館より複数クレカ補償の合算が可能との見解がありますが、詳しくは、利用する航空会社に事前確認してください。

11月時点はカード複数枚の合算保障が認めらず、一枚で5万USドルの治療保障をカバーする保険が付帯するプラチナ以上のステータスのカードなら条件を満たします。また、保険証券は英文記載、保障額USD換算の併記である必要があります。日本発行のカードだと、AMEXプラチナ、JCBプラチナ、JCB THE CLASS、Diners Clubなどが該当します。

Q.バンコクのAQホテルまたはSHA+ホテルはどうやって予約するのか?
agodaではAQパッケージ(1泊+送迎+PCR検査)のホテル予約が可能です。また、各ホテルが公式websiteやfacebookでもプランを出しています。参考までの以下のホテルの人気が高いです。

ザスコータイバンコクサトーン
グランデセンターポイントホテルラチャダムリ
グランデセンターポイントターミナル21アソーク
エンポリアムスーツプロンポン
・グランデ センターポイント スクンビット55(トンロー
・ソラリア西鉄ホテルバンコク(アソーク
・イビス スタイルズ バンコク スクンビット(プラカノン

Q.プーケットのAQホテルまたはSHA+ホテルはどうやって予約するのか?
11月現在、プーケットのホテルにはTEST&GOのパッケージ(1泊+送迎+PCR検査)が準備ができておらず、agodaやbooking.comから検索できません。なので、宿泊と送迎を意中のホテルから直接予約し、別途PCR検査(฿2,400)をthailandpsas.com から予約します。



タイ入国手続き

Q.最新のTEST&GO(隔離免除入国)を利用してのタイ入国手続きについて知りたい。
以下の記事を参照ください。
タイ最新入国手続きの流れ|空港到着からホテルまで隔離無し入国プロセス
Q.タイの到着空港から宿泊先ホテルまでの移動手段や規制はどうなってるのか?
3月1日以降も引き続き、空港からホテルまでは宿泊予定のホテル指定の送迎が必須です。通常はスタッフが出迎えにきて、専用車で移動します。ワクチン接種済みのTest&Go旅行者は到着日のPCR検査、送迎が一体となったパッケージ購入が義務つけられています。  


タイ滞在中

Q.タイ現地のPCR検査で陽性になった場合は?
2022年2月現在、隔離免除プログラムの旅行者は初日と5日目の2回のPCR検査が必要です。万が一、陽性反応が出た場合、医師の判断で軽度の症状であれば、10日間の病院隔離か10日間のホテル隔離を選ぶことが可能です。料金はホテル隔離の方が安いです。いずれも初日に肺のCT検査を行い、5日目にCT検査と血液検査を行い、LINEアプリベースで毎日医師や看護師の問診を受けながら病室で養生します。

日本で加入した旅行保険の場合は、ホテル隔離であっても病院での診察検査、薬剤とホテル隔離の滞在費用をカバーする場合が多いですが、一応確認をお願いします。

Q.ノービザ入国から30日滞在延長はコロナ以前と同様に可能なのか?
ノービザ入国後の30日延長は可能です。この際、医療保険の証明も必要ありません。一方で、11月現在、大使館・領事館より30日間の滞在延長が不可能と回答がありますので、自己責任での延長となります。

バンコクの場合、チェーンワッタナーではなく、ムアントンタニーの仮設イミグレーションでの延長ですので注意が必要です。入国スタンプの期限からプラス30日され、合計60日までの滞在が可能になります。費用は1,900THBで延長は一回のみ。
バンコク「チェーンワッタナー入国管理局」でのビザ申請・延長の手続き解説

Q.ノービザ入国から60日(特例)コロナビザの滞在延長は可能なのか?
ノービザ入国後のコロナビザ延長による60日延長は可能ですが、バンコクのイミグレーションは厳しいため難しいという情報が入っています。バンコクではTM30と復路の航空券も求められ、他県の方が簡単です。このコロナビザは特例のため2022年3月25日が最終受付であり、今後継続されるかは不明ですのでご理解ください。費用は1,900THB。


タイ出国準備

タイ現地のPCR検査料金について知りたい。
首都バンコクでは公立病院、有名私立病院、日系クリニック、ローカルラボなどPCR検査を受けることが可能です。日本語が通じる民間病院やクリニックだと4,000〜5,000THBです。英語またはタイ語が必要な公立病院やラボだと最安で2,500THBからあります。日本人居住区のスクンビットエリアの場合、病院ではトンローカミリアン病院が3,000THBと一番安いです。また、ローカルラボだとプラカノンのGenovation Laboが1,500THBと格安です。
バンコクの主要病院・クリニックのPCR検査費用(一時帰国・観光に)  
タイから日本帰国時のPCR検査は唾液検査が認められるのか?
タイでRT-PCR検査を受ける場合は「唾液検査」で大丈夫です。例えば日系のDYMクリニックでは唾液検査しか取り扱いがなく、証明書発行込で฿4500です。 より感度が高い「鼻咽喉頭ぬぐい液方式」は唾液で陽性反応が出た場合の、確定検査として使用されることが多いです。
日本帰国の72時間前のPCR検査で陽性が出た場合の対応は?
本件タイ保健省は未発表ですが基本は10日です。陽性反応が出た場合は、医師の診断症状に応じて療養場所(ホスピテル/自宅/ホテル)と経過観察期間を決定されます。検査結果はタイ保健省に通達され、必要に応じて再度PCR確定検査を受ける必要があります。また、陽性者は旅行者も在住者もかかわらず、空港での搭乗許可が下りません。日本外務省も同様に検疫法に基づき、陽性者の入国を禁止しています。


タイ出国手続き・日本帰国

タイから日本へ帰国時の自主隔離要件はどうなっているのか?
3月現在、日本外務省は出発国のリスクカテゴリーとワクチン接種状況で待機期間を決定しています。3月よりタイはオミクロン株感染拡大”指定国”を解除されました。

・ワクチン3回接種済みの人:帰国時の検疫・自宅待機など一切免除。空港から自宅まで交通機関の利用可能。
・ワクチン未接種または上記に該当しない人:帰国時の自宅待機が原則7日間。3日目以降に自費で検査を受けて報告すれば、最短3日で待機解除。空港から自宅まで交通機関の利用は24時間以内に限り可能。
3月からの日本帰国要件はコチラ

タイから日本へ帰国時のワクチン接種要件はどうなっているのか?
日本政府のワクチン3回接種済み(ブースター完了済)の条件に回数とメーカーに指定があります。
・1回目と2回目:アストラゼネカ・ファイザー・モデルナのいずれかを2回(シノバックとシノファームは除外)
・3回目:ファイザー・モデルナのいずれかを1回(アストラゼネカは除外)
日本政府の指定ワクチン接種条件はコチラ

Man_Thinking_Thailandpicks

タイ出入国の最新情報は速報性の高いTwitterに発信しています。質問がある場合もTwitterでコメントかDMをいただけると早いです。


参照

関連記事

  1. タイ最新入国手続きの流れ|空港到着からホテルまで隔離無し入国プロセス

  2. タイ政府_コロナ対策エンデミックへのロードマップ_22年3月発表_タイランドピックス作成

    タイ7月に風土病宣言までのロードマップ|コロナ規制完全撤廃への道

  3. 2022年_最新タイ隔離無し旅行_日本一時帰国_タイランドピックス

    最新タイ旅行| 日本⇄タイのほぼ隔離なし往来再開が実現

トレンド

2022年_最新タイ_観光_出張_出入国情報_タイランドピックス (1)

メルマガ会員登録のご案内

 
メルマガ会員限定記事をお読みいただける他、新着記事の一覧をメールで配信。タイランドピックス主催の各種セミナー案内等、知的武装をし、タイ生活を豊かにするための情報を厳選してお届けします。

* 必須




ガイド

バンコク以外 エリア別情報

PR

タイ_タイランドエリートビザ _ThailandElite_タイランドピックス

 

 

バナー_タイランドエリート_メリット_加入ご相談_タイランドピックス

タイビザ_結婚_リタイヤメント_永住権_タイランドピックス