「スプラッシュボックス」暗闇フィットネスがバンコクに上陸

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box

最終更新日 2024年1月30日 by タイランドピックス編集局

退屈なワークアウトにサヨナラ、話題の暗闇フィットネスがトンローに誕生

昨今、タイのフィットネス熱は高く、公園ジョギングから、最先端の大手ジム、高級パーソナルまで様々なダイエットや健康目的で様々な選択肢が増えています。そんな中、今注目を集めているのが23年9月にバンコクに誕生した暗闇フィットネス「スプラッシュボックス(Splash Box)」だ。日本人居住者が多いスクンビットエリアにおいて特に華やかなトンロー・ソイ4の最新ライフスタイル施設「Marche Thonglor」に位置します。

暗闇フィットネスとは?

暗闇フィットネスとは米ニューヨーク発のアミューズメント型フィットネスで、暗闇の中で音楽に合わせながらクラブ感覚で身体を動かす新たな文化。一般的なジムや自宅トレでは継続することが難しい方でも、非日常的な空間で行われる様々なエクササイズで楽しみながら、続けられる新感覚フィットネスプログラムです。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg3

23年秋に、トンローにオープンしたスプラッシュボックスは「ボクササイズ」「音楽」「暗闇」の3つがコンセプト。既存ジムと比べて革新的なのが、その楽しさと没入感に加えての高負荷。イマーシブなクラブ感覚で、1クラス45分間で、ボクササイズとHIIT(高強度インターバルトレーニング)を組み合わせて、1000Kcalの消費を目指すプログラムに定評があります。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg2

そして、その非日常感を演出するのが、クラブテイストを取り入れたユニークなスタジオ。トレーニング中には薄暗いフロアにはレーザーライトとスモークの演出が施され、プロDJによるプレイ、トレーナーによる声かけやカウントダウンが会員を応援し、モチベーションを高めてくれます。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg6

在籍インストラクターも日本人多数で、コミュニケーション面の不安もゼロ。東京の大手フィットネスから移籍してきた有名インストラクターもいるそうで、今後タイでも人気を獲得することが期待されます。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg7

運動前後に欠かせない更衣室・シャワー室も清潔そのもの。ドライヤーやアメニティ類も上質なもので、トレンドに敏感なタイ人や外国人をターゲットにしていることが伺える空間に。また、プラン次第でさウェア、タオル、グローブ、水1本が毎回無料で利用できるので、買い物ついでや仕事帰りに完全手ぶらで来れるのも嬉しい。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg5

そんなスプラッシュボックスの気になる料金は、1ヶ月通い放題プランがTHB5,000/月や12週間通い放題プランがTHB1,090/週、回数券THB28,000/30回など多種多様なパッケージが用意されており、ライフスタイルに合わせて選択可能に。

バンコク_スプラッシュボックス_暗闇ボクササイズ_Bangkok_Splash Box..jpg8

 


 
スタイルアップのためのダイエットから、心身共に生き生きしたタイ生活を送るための体づくりなど様々な目的に対応してくれる魅力的なプログラム。また、外国人向け高度医療費が高いバンコクにおいて、健康は貯金そのもので将来の健康投資先としても有効です。

24年1月現在、スプラッシュボックスは45分間の初回体験レッスン(有料)を用意しています。THB390(THB1,200相当)で一般会員と同じプログラムを手ぶらで体験可能です。※受講後にGoogleレビューに投稿する条件あり

 お試し体験の予約は「公式LINE」で

公式LINEに追加すると特典豊富。
日本語対応で簡単予約できるので安心です。

簡単予約はコチラ

 

 

SPLASH BOX

関連記事

  1. 「サイノム」砂糖不使用。米の甘味で作るミルクフラッペ|Sainom’s

  2. タイ_パンピューリ_Panpuri _大麻リラクゼーション_cannabis

    パンピューリのホリスティックな”大麻ウェルネス体験”